\ほらやっさカレー発売!web販売も開始!/

煮込み豚バラの
コク深い旨みと
雑穀の粒々食感に
かつおだしが香る…

▼千葉県いすみ市「大原はだか祭り」のストーリーをカレーに!
1年以上試作を繰り返して完成。

「ほらやっさ!ほらやっさ!!」 。威勢のいい掛け声が響き渡り、勇ましく海を駆け、天高く神輿が舞う―。

街中が一体となって盛り上がる伝統の秋まつり、「大原はだか祭り」の風景です。

男たちにとって、祭りは年に1度の勝負どころ。
勝負メシは、おいしくて元気がでなきゃ!というわけで、自宅で‟かあちゃん”たちがつくるカレーを再現しました。

「ほらやっさカレー」は、かみさまと一緒に喜ぶお祭りをテーマにした縁起のいい一品。

仕事に勉強に子育てに趣味に、一生懸命がんばるすべての人のための勝負メシです。

▼じっくり煮込んだ豚バラ肉の旨みが口の中でほどける…。

人気のお肉屋さんとコラボレーションし、ベースのかつおだし、そして特製スパイスとの相性が抜群の大きめの豚バラ肉をごろりと、たっぷり入れました。

卓越した下処理技術をほどこし、じっくり煮込むことで、やわらかさと同時に旨みを最大限に引き出しました。噛むほどに肉そのものの甘みが口の中にひろがります。

▼食感にもこだわり!
五穀の粒々食感がたのしい。

五穀豊穣を祈願して、また、ヘルシーに召し上がって頂けるように、5種類(麦、きび、あわ、ひえ、アマランサス)の雑穀を加えました。舌のうえに転がる「つぶつぶ食感」もたのしめます。

※五穀には食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分などが豊富に含まれています。

▼祭り男たちが認めたおいしさ!
94%以上の人が「うまい」と回答!

令和元年5月1日、まさに新時代の幕開けとなる日に試食会を実施。その結果、実に94%以上の人が「うまい」「また食べたい」と回答!そして100%全員が完食!

「今買える?」
「いつ発売されるの?」
「どこで販売されるの?」
といったご感想もたくさん寄せられました。

※94%以外の方は、「うんうん、おお…、うんうん!」と味わいながら無言で完食。足取りも軽く、意気揚々と去っていきました。

※発売前に試食した90%以上の方に支持頂いた房総ゆかりの商品を「房総すごいブランド」として認定しています。

▼「甘めの中辛」。優しい味わいがおとなにも子どもにも大好評

祭り男たちがかきこむカレーは、かあちゃんのつくる優しい味わい。

それを再現し、おとなにも子どもにもおいしく召し上がって頂けるよう、「うまさ」と「辛さ」の絶妙なバランスを目指しました!

試食会では、小学校高学年の女の子にも大好評。年齢を問わず喜んでいただき、94%以上の人の「美味しい」につながりました。

▼日々勝負するすべてのひとに!
祭りを乗り切るほどの元気が出るカレーです

大事な試合、テスト、プレゼン、公園デビュー、プロポーズ…。人には、絶対にハズせない勝負どころがあります。

「ほらやっさカレー」は、みんなの幸せを願って力を振り絞ることで、かみさまと一緒に喜ぶお祭りをテーマにした縁起のいいカレー。

めいっぱいがんばったら、きっとかみさまも微笑んでくれるはず。

肉のパワー、ヘルシーな五穀、とびきりのおいしさで元気全開!

勝負から逃げないあなたに。そして、勝負を控えた友への贈り物にも。

▼あなたの「おいしい」が、中学高校の特別授業「房総すごい人図鑑」の力になります。

「ほらやっさカレー」のすべての売上は、社会に新しい価値を提案する人を地方から育むための中学高校での特別授業「房総すごい人図鑑」の継続のために使われます。

みなさまの「おいしい」をさらなる笑顔につなげていきます。

「プロジェクトの継続は自分たちで稼いでこそ」。そんな思いで1年間かけて「ほらやっさカレー」をつくりました。

ともかく今回はカレーのおいしさで、笑顔を増やしたいです。(それだけ自信があるんです)ぜひおためしください。

※今後も、次々と商品を開発していきますので、学校の授業とともにご注目ください。

———————————————-

ほらやっさカレー
絶賛発売中!

580円+税
200g(1人前)

※秘密の招待状入り!
(買った人だけわかります)

【ご購入はこちら】
こちらのページからご注文頂けます。
※web限定のおまけつき!

▼ほらやっさカレー販売店

海の直売所(いすみ市深堀1885-9)
・酒楽喜(いすみ市大原9005-1)
ぶんかむらカフェ(いすみ市大原8742-1)
green+(いすみ市岬町井沢300-1)
Life*Bonz(イベント出店販売)
Another Belly Cakes(イベント出店販売)
わかなの畑(長生郡睦沢町大上3169-3)
スーパーランドいすみ店(いすみ市弥正147)

webからの購入はこちら

販売店はどんどん増えていく予定です。決まり次第、こちらに追加していきます。

※お取り引きをご希望される販売店さまは、こちらよりお問い合わせください。

▼ほらやっさカレーに広告を入れませんか?

「ほらやっさカレー」に1000部3万円(税別)から広告を入れることができます。
(商品の箱に同梱されます)
地域に宣伝したいことがあり、出稿をご希望される方は、こちらよりお問い合わせください。

※個人でも法人でもだいじょうぶです!
※内容によってはお断りさせて頂く場合もありますので、ご了承ください。

▼房総メディアエデュケーションプロジェクトについて

「ほらやっさカレー」のプロデュース、および特別授業「房総すごい人図鑑」を実施している房総メディアエデュケーションプロジェクトは、おとなも子どももご年配の方にとっても
地域が楽しく豊かになることを目指す、プロジェクトです。
※詳細はプロジェクトの概要をご覧ください。

2019.5.31 雑誌『ロコラ』に掲載!

\雑誌掲載!/

5/31に新創刊された雑誌『ロコラ』に、当プロジェクト発起人の磯木淳寛がインタビューされ、房総すごい人図鑑の取組みについても掲載されました。

『ロコラ』のキャッチコピーは「理想の暮らしを求めて新しい場所へ!」。これからの世代に向けた積極的移住マガジンとのことで、房総すごい人図鑑の授業が行われている房総地域に子どもを持つ世代が増えたらうれしいなと思います。

2019.4.1 房総すごい人図鑑の冊子が完成!

\房総すごい人図鑑の冊子が完成!/

2018年度、いすみ市の3つの公立校、合計約160人の生徒が取り組んだ特別授業「房総すごい人図鑑」の冊子が完成しました!
地域で活動する5組の方々へのインタビューや、授業レポート、生徒の座談会など、読み応えのある内容(全20P)に仕上がりました。冊子を見かけることがありましたら、ぜひお手に取ってみてください!
※基本的にいすみ市役所にて配布しています。

***************************
(追記)
■遠方にもお届け!
「返礼品つき寄付金支援サイト」からご支援頂きますと、当冊子も郵送でお届けします。なお、無くなり次第終了となります。
https://boso-sugoihito.shop-pro.jp/
***************************

2019.3.17 中学生専用自習室スタート!

\中学生専用自習室スタート!/

いすみ市には「学生が気軽に勉強したり立ち寄れる場所がない…」とたまに耳にしていました。

…ならば!
ということで、毎週日曜日に岬中学校の隣の杢珈琲さんの定休日である日曜日に場所を借り、生徒に使ってもらえる自習室を始めました。(実験的に5月まで)

杢珈琲
https://www.facebook.com/mokucoffee/

2019.2.16 「いすみローカル起業フォーラム」で生徒が発表!

\「いすみローカル起業フォーラム」で生徒が発表!/

「いすみローカル起業フォーラム」において、昨年に引き続き「房総すごい人図鑑」の授業を飛び出して、岬中学一年生の代表生徒3名がまちを楽しくする企画アイデアの発表を30分間おこないました!
朝から学校に集まって数時間の最終仕上げをした成果もあって、内容的にも発表態度的にもばっちりで、質疑応答もおおいに盛り上がり、大人たちを充分に刺激できたと思います。完璧でした。

充実の内容を示すかのように、企画アイデアに対してうれしい反応が次々と…。さらなる展開をお楽しみに!
見守ってくださったみなさま、ありがとうございました!

2019.12.23 「出張!房総すごい人図鑑 in 岬公民館」開催!

\「出張!房総すごい人図鑑 in 岬公民館」開催!/

いすみ市内の3つの中学高校で行われている特別授業「房総すごい人図鑑」(http://boso-sugoihito.net/)が学校を飛び出して、初めてのオープンイベントを行います!
多くの方から、「どんな活動で、学校でどんな授業をしているのか詳しく知りたい!」と言って頂き、今回の開催になりました。
当日は、「房総すごい人図鑑」の取組みについて、また実際の授業内容についても少しだけやってみたいと思っています。

さらに、当日は昨年岬中学校にゲストにお越し頂いた吉田淳さん(吉田外科内科 事務長)も駆けつけてくれることになりました!
学校を卒業して何年もすると、あんなに面倒だった学校のことがなんだかとても懐かしく感じるもの。ぜひ心の学生服に袖を通して、岬公民館に通学してください。おそらく、ほど良い疲れと楽しさを得られる時間(学校ってそういうものですよね?)になると思います。
「房総すごい人図鑑」は、まちと学校と大人と生徒がゆるやかに繋がり、未来に向けて、今よりもさらに楽しい日常を作り上げることを目指しています!

■内容
・房総すごい人図鑑とは?
・みんなの教室
「ハワイにある自由な島って?」「芸術の価値は誰が決める?」「学校って必要?」「落書きをやめさせる行動経済学」
・インタビュー 吉田淳さん(吉田外科内科 事務長)
・昨年の岬中生徒による探究模造紙の展示

■こんな人に来て欲しい。
・いすみ市の学校の卒業生/OB
・小中学生のお子様がいらっしゃる保護者
・青春を取り戻したい!という方
・「あの授業を大人たちともう一回やりたい」という中高生グループ
などなど

■ゲスト 
吉田淳さん(吉田外科内科 事務長)

■開催概要
開催日 2018/12/22(土)13:30~15:30
開場:13:00~  開始:13:30~  終了:15:30
参加費無料
場所 岬公民館2F研修室(いすみ市岬町長者22)

■主催
房総メディアエデュケーションプロジェクト

■共催
いすみ市

https://www.facebook.com/events/1938295746255745/

『出張!房総すごい人図鑑』に、30名を超える方々にご参加頂きました!改めて、ありがとうございます。
遠くは熊本県や群馬県をはじめ、県外や市外からお越し頂いた方もたくさん。とてもうれしかったです。

『房総すごい人図鑑』の取り組みについてスライドでご説明し、学校のインタビューゲストに来て頂いた吉田外科内科の吉田さんに当授業の可能性について伺い、実際に中学高校で行っているものの模擬授業を行いました。

今年はオープンイベントはこの1回のみでしたが、2019年にも学校の授業と並行して、また行っていきたいと思っています。今回都合が合わなかった方も、今回来られた方も、ぜひお越し頂ければうれしいです。

引き続き、『房総すごい人図鑑』をよろしくお願いします!

2018.11.05 メディア掲載!

\メディア掲載!/

本日11/5発売のソーシャルアクションの全国紙「月刊ソトコト」12月号に、房総すごい人図鑑の授業が掲載されました!
取り上げられたのは、「ユニークな学校ガイド18」というページで、全国選りすぐりの取り組みの中で、なんとトップの扱い…。(恐縮です)
いすみ市での3校での授業はまだまだ続いてます。今年の生徒の成長も少しずつ見えてきました。ますます頑張ります。雑誌「月刊ソトコト」もぜひ書店でご覧になってくださいね!

月刊ソトコト
https://sotokoto-online.jp/

また、掲載にあたってソトコトの担当者に回答させてもらったアンケートをこちらに掲載しました。ソトコトと併せてご覧頂けたらうれしいです。(磯木)
https://note.mu/pennahito/n/ndaa7c806455e

2018.9.7 いすみ市ふるさと人財育成モデル事業の受託者となりました

いすみ市ふるさと人財育成モデル事業の受託者となりました

平成30年度、当授業は、いすみ市の未来を担う人財創出を図ることを目的とする、いすみ市ふるさと人財育成モデル事業の受託者として採択されました。
また、今年度は新たなチャレンジとして、昨年度までの岬中学校に加え、国吉中学校、大原高校でも授業を行っていきます!